iwasi1

健康に必要で欠かせない必須脂肪酸dha epa!

dha epaは、青ざかなに多く含まれオメガ3脂肪酸とも言います

dhaは脳(大脳皮質や海馬)に、

epaは皮膚にたくさん存在しているのです

厚生労働省もn-3系脂肪酸(dha epa)摂取推奨をしています

大正製薬のDHA・EPA

taisyou46860

大正製薬はDHA・EPA 600mg配合・・・

なんといっても青魚のサラサラ成分足りていますか?・・・DHA・EPA

  1. 生活が不規則な方
  2. あまり魚を召上っていない方
  3. 気になる運動不足が思い当たる方
  4. いつまでも健康で若々しくいたい方
  5. もっとバランスいい食生活って思っている方

日本人の18歳以上の世代でDHA・EPAが不足しています。

魚世代の50~60代の方すら目標値mに達していないのです!

オススメしたいのは大正製薬のDHA・EPAでしょうね♪

青魚にたくさん含まれている常温でも固まりにくいサラサラの脂であるオメガ3系脂肪酸が、益々注目されています。

必須脂肪酸は生理代謝過程に必須ですが、

体内で合成できないので摂取する必要があります!

ところが食生活の変化から日本人のdha epaを多く含む青魚の摂取量が40~60代や若者まで減少、青ざかな離れが広がってます・・・ 必須脂肪酸は身体への吸収率も考量しての摂取する必要があります。

    必須脂肪酸とはオメガ3脂肪酸の多価不飽和脂肪酸です
  • α-リノレン酸
  • エイコサペンタエン酸 (EPA)
  • ドコサヘキサエン酸 (DHA)
オメガ3DHAEPAα-リノレン酸

オメガ3不飽和脂肪酸の多い青魚のdha epa

必須脂肪酸 成分配合サプリで酸化しやすいDHA摂取は、

高酸化力が高い成分配合サプリが勧められます!

青魚の栄養や身体にいい成分だけ摂りたい!

taisho-tokubetu

せっかく青ざかなを調理しても・・・

焼いたり煮炊きするうちに血液サラサラ成分dha epaが流れ出してしまいがちですね・・・

だから青ざかなが苦手な人も楽にdha epaを摂取できる青魚サプリがおすすめなんです

青魚のサラサラ脂である必須脂肪酸は常温でも固まりにくいのです

健康維持にタンパク質補給で肉だけに偏るとコレステロール増加の心配も出てきます!

そのためにバランスよく青ざかな成分を摂取する必要があります!

なかなか青魚でとれない食生活を青ざかなサプリで補う!

健康維持に青魚がいいのはわかっていても・・・

毎日思うほど青魚を食べていない現実がありますね!

厚生労働省はdha epaの摂取1日1000mgを推奨!

iwasi10

とにかく青魚のDHA・EPAを1日1000mg以上を確保できる青ざかなサプリ!

オメガ3!DHA・EPAサプリ選び方も、健康維持に大切なのです・・・

青魚のdha epa(オメガ3脂肪酸)と言われる必須脂肪酸は、サラサラ脂を多く含んでいるのです

また青魚dha epaには、加齢による減少が指摘されている脳のアラキドン酸も含まれていることからさらに注目されているのです!

青ざかな不足を解消しましょう!

青魚DHA青魚EPAで健康維持したいですね!

カルシウムやアミノ酸は日本人のほとんどの世代で摂取不足なんです!

佐藤製薬epa&dha

製薬会社のキャンペーンすごいですね♪

今なら84%OFF!もちろん期間限定でしょう!

sato46860

佐藤製薬のEPA・DHA

佐藤製薬の美健知箋dha epaは製薬会社の品質⇔おすすめ

bikentisenn

アメリカでは98%もの人が認識している日常的になくてはならないepa(エイコサペンタエン)とdha(ドコサヘキサエン)は、

厚生労働省も摂取推奨(1日1000mg)

ユンケルでおなじみの佐藤製薬の健康食品通販ショッピングのプログラム。 今、話題のdha epaが新登場!

含有量は業界でも話題になるほど!

今なら定期初月は特別単価1,000円のキャンペーン実施中!

製薬会社の美健知箋epa&dhaは特許取得で高濃度!

品質の違いは・・・1袋に750mgもオメガ3を配合

しかも小粒のカプセルだから飲みやすさ最高に楽!

おまけに初回限定84%OFFの税込1000円(送料無料)

※初月から定期解約も可能です!

佐藤製薬はユンケルでも有名な製薬会社ですね・・・♪

EPA&DHAはどこの製品も同じじゃないんですね・・・

厚生労働省が1日1000mgの摂取を推奨しているdha epaの含有量合計は750mg!

他社製品にはないdha epaの含有量です

特許製法であるシームレスカプセルは酸化を防ぐビタミンEを配合した僅か直径約3mmの大きさで飲みやすさ抜群のカプセルです。

スティック包装の高品質アルミパックで酸化を防いでくれます。

さらに製薬会社の特殊DHAのおかげで飲んだ後のニオイも抑えられているから安心です。

サントリーDHA&EPA+セサミンE

sesaminn46860

DHA・EPA補給はサントリーDHA&EPA+セサミンEがお手軽です!

青魚のサラサラ成分、DHAとEPA

ゴマ・大豆・玄米の健康成分をプラス!セサミンとビタミンE、オリザプラスも配合!

年齢を感じ始めたり、生活習慣の蓄積が気になり・・・いつまでも健康で若々しくいたい方に最適です

比較的青魚を召上る40代以上の世代でも50%以上が目標値からDHAやEPAが不足しています。

これ以上毎日の食事で摂るのも現実には大変なことですよね・・・。

【きなり】

kinari32060

きなりdha epaの特徴は青魚くさくないところが長所ですね!

もちろん青魚由来の青魚DHA青魚EPAは青魚油からの抽出だからどうしても生魚特有の臭みが残るんですね・・・このきなりはその辺をうまく手間隙掛けてでにくいようにしているからお勧めです。

健康・ダイエットに!DHAサプリメント 【きなり】

魚の栄養分って調理するときに流れ出て減ってしまうこともあるみたいですね。

でも、青魚にたくさん含まれている不飽和脂肪酸はオメガ系脂肪酸で大切な役割を担っています。

マグロや秋刀魚・鯵・イワシなど青魚のサラサラな必須脂肪酸やアラキドン酸は、

いつまでも活き活き過ごすために必要な成分です。

青魚のdha epaをうまく摂取したいですね・・・

もちろんdha epa配合量も重要な選択のポイントです。

dha epaってわかりにくい?脂肪酸が絡むので余計にわからない?でも必ず必要なEPA DHA!

結局dha epaは脂肪酸ということです。

この脂肪酸の分類がややこしいのです!

dha epaは脂肪酸の→不飽和脂肪酸の中の→多価不飽和脂肪酸に分類されています。

多価不飽和脂肪酸にはオメガ3系とオメガ6系があります。

オメガ3系とオメガ6系は体内で合成できない必須脂肪酸と言われます。

オメガ3系とオメガ6系は体内で合成できないから食べ物から摂取する必要があるのです。

dha epaはオメガ3系に属するのです。

EPA DHAはオメガ3と言われる由縁です。

ちなみにオメガ3もn-3同じ意味です

オメガ3系は厚生労働省オメガ3系脂肪酸サイト・生理学者や雑誌・新聞はオメガ3系脂肪酸で

n-3系は化学者がn-3系脂肪酸と記載しています

ココで重要なのはオメガ3系とオメガ6系のバランスなのです。

オメガ3系:オメガ6系の比率は1:1が理想であり、あるべき割合なのです。

ところが現代日本人?比率は1:14とも言われるほど悪化?しています。

体内脂肪酸の比率バランスが壊れると、もろく酸化しやすい細胞膜になるのです。

特に脳内に存在する神経細胞膜は、とりわけ多くのオメガ3を必要とします。

脳内脂肪酸の比率バランスが壊れるなんて考えたくないほど恐ろしくありませんか?

頑張って青魚を食べてくださいね!

やすや青魚の知恵

  1. 注目のDHAをマグロから・・・
  2. サラサラ成分のEPAはイワシから・・・
  3. 不足しがちなカルシウムも・・・
  4. からだの調子を整えるアミノ酸
⇒やずやの青魚の知恵なら4つの成分 とってもバランスよく捕えます!

イワシまるごとやずや青魚の知恵!

気になる身体の調子や健康状態サラサラ維持しませんか?!

不足のカルシウムやアミノ酸も摂取できdha epaの補給なら青魚のdha epa成分配合のサプリメントがオススメ!

dha epaの補給ならやずやの青魚の知恵サプリメントのプレゼント付でスッキリ解決!

必須脂肪酸のドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)はオメガ3系脂肪酸で有名ですね。

健康維持に必要なDHA・EPAは1日1g以上であると厚生労働省は1日の推奨摂取量を推奨しています。

ところがDHA1,000mg(=1g)という量はマグロ刺身約10人前なのです。こんなに毎日食べ切れないですよね・・だからサプリなんですね!

よくテレビでも最近やっている血液サラサラが推奨されていますよね?

やすや青魚の知恵

今人気の【お得な定期購入】やずやの青魚の知恵、発売から累計販売個数は、なんと200万個突破しています!!

iwasi9

4つの成分を配合・・

DHA/EPA・・・

カルシウム・・・

アミノ酸・・・

勉強に励んでいる受験生や不規則な生活にピッタリの成分です

最近カンタンな肉食中心の食生活のバランス改善に・・・

iwasi8

最近、日本の平均的な食生活は肉を食べられる傾向が強くなっています。

年間消費量は豚肉や鶏、そして美味しい牛肉に続きます。

でもいわしやサバ・秋刀魚など青魚の消費量は減少しています。

忙しい主婦に更なる過酷な労働を強いることは出来ません。

結論は、最近食べなくなった青魚の栄養分を摂取できる方法を検討することが大切かと思われるのです。

高たんぱく・低脂肪の青魚の脂肪にはdha epaなどの不飽和脂肪酸が含まれています。

必須アミノ酸は体内で合成されないですが、青魚にはバランスよく含まれているのです。

もちろん大切なミネラルやカルシウム・女性に不足がちな鉄分も豊富に含まれています。

背中の青い青魚・・・いわし・サバ・かつお・マグロがいいとわかっていても調理がとにかく面倒であることも事実なんですよね・・・

だから手軽にdha epa・カルシウム・アミノ酸を摂取できる青魚の知恵がランキングに入るのでしょうね・・・

毎日いわし・サバ・マグロ・かつお等の青魚を実際に食べ続けたい気持ちはあっても続かない!

また、たとえ毎日食べてもdha epaの歩留まりの問題があります!

青魚を煮たり焼いているうちに、本当に摂取したいdha epaが脂が落ちるとき流れでる可能性が大きいのです!

それなら・・たった2粒飲むだけで問題解決すかもしれない・・・?!

DHA・EPAを多く摂るなら青魚

DHA・EPAは高い健康効果が期待される成分であり、身体には欠かせない必須脂肪酸です。

体内で合成されないので食品から摂取する必要のある脂肪酸です。

DHA・EPAを効率よく摂るには青魚が最適です。

青魚にはDHA・EPAが多く含有されていることがわかっています。

・青魚とは

最初に青魚の定義を確認しておきましょう。

青魚とはその名の通り、青い魚。正確には、背が青色の魚を言います。

イワシ、サンマ、アジなどのほか、まぐろ、うなぎ、ブリなども該当します。

・DHA、EPAの効果

DHA、EPAは健康維持に欠かせない成分の一つです。

これらの成分は、それぞれ身体に好ましい影響を与えてくれると言われています。

DHA・EPAは心筋梗塞、脳梗塞など死亡リスクの高い病気の予防を行ってくれるほか、血中の中性脂肪・コレステロールを減らしてくれるので血液をサラサラにし、動脈硬化を予防してくれます。

またDHA・EPAはセロトニンの濃度を高めてくれると言われています。

一般的にセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が不足すると、うつ病の原因になると言われていますので、DHA・EPAはうつ対策にも効果的と言えるのです。

このほか目の網膜内の細胞をやわらかくしてくれることで、視力回復なども行ってくれます。

抗アレルギー効果も注目されます(よく言われるものとしては花粉症、アレルギー性皮膚炎など)。

そしてこれはDHAにとりわけ強い要素ですが、脳を活性化させる働きも持ち、記憶力アップ、認知症対策などにも大きな影響を与えてくれます。

・DHA、EPA含有量が多い青魚

DHAとEPAを多く含んでいる青魚は、マグロ、ブリ、サンマ、サバなどです。

なお本マグロは赤身の部分よりトロのほうがDHA・EPAの含有量がはるかに多いとされています。

逆に赤身はトロに比べて大きく含有量が落ちてしまいます。

・一日の摂取量

DHA・EPAともに厚生労働省において、1gが目安の摂取量と言われています。

基本的には青魚の切り身一切れぶんを1日1食摂っていく程度でいいと考えられます。

ちなみに過剰摂取は控えたほうがいいと思われます。

DHA・EPAの過剰摂取において現時点では副作用は確認されていないようですが、下痢や鼻血などとの関連性が疑われており、決して安全と言えるわけではありません。

どんな成分についても言えることですが、摂取に当たっては適量を心がけましょう。

・DHA、EPAを効率よく摂るための青魚の食べ方

DHA、EPAは青魚の調理方法によって、摂取効率が大幅に変わってきます。

DHA・EPAは魚の油によく含まれています。

つまり煮たり焼いたりして油を落としてしまうと、同時にDHA・EPAも減少してしまうということです。

特にフライにするなど揚げ物を作る場合、DHA・EPAは格段に減ってしまうことがわかっています。

最もおすすめは、青魚の赤身をそのままの状態で刺身として食べることです。

例えばマグロのトロの場合、1日に5切れほど食べれば目安量を満たすほど、摂取がたやすくなります。

基本的に青魚は刺身になっているものが多いので、比較的摂りやすい方法だと言えるでしょう。

とはいえ毎回刺身というのも難しいと思います。

青魚のサプリで不足するDHA・EPAを補いましょう

もし焼いて食べる場合は、油を落とさないように注意してください。

またよく紹介される方法としては、脂の出にくいソテーやムニエル、照り焼きなどが挙げられます。

ちなみに旬の青魚を食べるのもオススメです。旬の季節では油がよく乗っている状態なので、DHA・EPAの含有量は多くなります。

青魚を食べよう!DHA、EPAって?

魚を食べると頭がよくなる、という言葉があるように、魚には栄養素が豊富です。

とくに青魚は、私たち人間の健康維持に欠かせない必須脂肪酸が多く含まれています。

良質なたんぱく質やカルシウム、鉄分も豊富で、昔からさまざまなメディアで注目されています。

・DHAやEPAって?

DHA、いわゆるドコサヘキサエンサンという言葉をたびたび耳にしますが、これはいったいどういうものなのでしょうか。

青魚とはイワシ、サバ、サンマ、ブリなどの背の青い魚のことを指しまが、これらの魚には必須脂肪酸が豊富です。

この必須脂肪酸をさらに分類すると飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。

飽和脂肪酸は動物性脂肪に多く含まれるもので、不飽和脂肪酸は植物や魚に多い油脂になります。

この後者の不飽和脂肪酸に分類されるのがDHAやEPAです。

簡単に言うと、血管を若くしてくれ、健康にいい油です。

この必須脂肪酸というのは私たちの体の中で作ることができないため、食べ物から摂取する必要があります。

またこの必須脂肪酸は細胞膜をつくったりホルモンをつくるなど、欠かせない栄養素です。

慢性的に不足した状態が続くと、肌が荒れてくる/疲れがとれないなどのさまざまな異常が出てきます。

・青魚の効能とは?

DHAは脳を活性化させ、情報伝達をスムーズに促す効果があります。なので学力向上や、ボケ防止にも効果があると言われています。

また、血液をさらさらにしてくれる効果もあります。

中性脂肪などの蓄積による動脈硬化や、心筋梗塞などの血管に起こる異常も予防してくれる働きがあります。

・青魚の理想的な食べ方とは?

厚生労働省ではDHAやEPAを1日に1グラム以上とることをすすめています。

鮭だと1切れほど、マグロのお刺身だと3切れほどの量になります。

これぐらいならあまり無理をしなくても毎日食べることができそうです。

また、魚は焼いたり揚げたりすると栄養素が何割も低下してしまうそうです。

なるべくだったら刺身で食べることをおすすめします。

またサバ缶などの缶詰は手軽に買えますし余計な添加物も少ないです。

また、調理の際に栄養素が減らないのもメリットです。

ほかにはカルパッチョにするのもおすすめです。

魚とオリーブオイルとを合わせることで、抗酸化作用をアップさせることができます。

・青魚を食べる上での注意点

私たちの体は多くのたんぱく質から作られています。

筋肉や骨、肌、内臓。髪にはミネラルをというイメージがありますが、その主成分もたんぱく質です。

なのでたんぱく質は多くとればとるほどよいというように考えられがちですが、実はそうではないのです。

食の欧米化が進み、日本人は肉類などから多くのたんぱく質をとるようになりました。

しかしそもそも日本人というのは体のつくり的にたんぱく質の消化がしずらい傾向にあります。

さらにとりすぎることで肝臓などにも大きなダメージを与えることがあります。

また、たんぱく質のとりすぎで酸性に傾いてしまった体を補おうと、カルシウムが動員され、結果として骨がもろくなってしまうことがあるのです。

たんぱく質はできるだけ食べ過ぎないことを心がけましょう。

また、サバなどの青魚を食べてアレルギーが出てしまう人がまれにいます。

症状としては「蕁麻疹がでる」「まぶたが腫れる」「おう吐」「下痢」などが挙げられます。

またひどい場合ですとアナフィラキシーショックを起こしてしまうこともあるそうです。

こういう方はサプリメントでもアレルギーを起こしてしまうので注意しましょう。

魚が食べれない場合は別の食材から必要な栄養をとるようにしましょう。

必須脂肪酸が豊富なものとして、えごま油があります。

スーパーで手に入りますし、1日小さじ1杯程度で十分な栄養がとることができます。

ページの先頭へ