青魚は体に良いのは御存知ですね!

α-リノレン酸などω-3脂肪酸の多価不飽和脂肪酸が必須脂肪酸です。

体内で十分合成できないDHAやEPAが含まれているから・・・stockfoto_33379298_S

ω-3脂肪酸であるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸) を含む魚介類の摂取が推奨されています。
ω-3脂肪酸はサバ・イワシ・ニシン・タラ・サケ・・・・などに多いのです。

青魚(あおざかな、あおさかな、あおうお)は青物とも言われる食用魚の背の青い背青の魚(サンマやいわし・サバ類)のことを言います。

必須脂肪酸の必要量

ω-3脂肪酸の必要量は成人では1日に2g程度とされ、
EPA・DHAについては1日に合計で1g以上の摂取が望ましい!とされています。

DHAは脳にあるリン脂質に含まれる脂肪酸の主要成分です。
また神経細胞は、軸索や樹状突起など凹凸多い造なので、膜成分が極端に多いのです。
DHAは、神経細胞の細胞膜を柔らかくし、樹状突起を増やしたり、軸索の成長を促して脳・神経系の健全性を保ちます。
それにDHAが不足すれば脳内セロトニンの量が減少して、
多動性障害を引き起こすとの研究もあるのです。
アルツハイマー型痴呆やうつ病などの疾病にもDHAの摂取は有効なのです。
魚介類を多く摂取すれば母乳内のDHAは高く、産後うつ病の有病率も下がります。
DHAを含むω-3脂肪酸を十分に摂取しないと、母体から胎児への転送により、妊娠・出産期には母親には無視できないω-3脂肪酸の枯渇の危険性が高まり、その結果として産後のうつ病の危険性に関与する可能性が指摘されているのです。(wikipediaより)

青魚の特徴

  • ヒスチジンが多い赤身筋肉で鮮度劣化が早い
  • 不飽和脂肪酸のエイコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸が多く油やけなど品質劣化が早く酸化しやすい
  • 大量捕獲可能な小型で安価な大衆魚です

Fischschwarm im Gegenlicht (Ägypten, Rotes Meer) - Shoal of fish (Egypt, Red sea)
青魚・・血液サラサラ成分-EPA成分

青魚・・・青魚に沢山含まれているプリン体を食べ過ぎると通風の危険あり

青魚のサプリ・・・うまくEPA摂取できる

いわし・カルシウムを多く含み、カルシウム吸収を促進するビタミンDが豊富です。

青魚とは?

食用の魚である青魚(あおざかな・あおうお)とは、

背の青い魚・・・イワシ類やサバ類・サンマを意味します

青ざかなの呼称は

見た目外観(背中は青か黒、腹は白)からの便宜上の分け方です

 

青魚はそれぞれ下記に属しています

ニシン目ニシン科・・・マイワシ・ニシン・ウルメイワシ

ニシン目カタクチイワシ科・・・カタクチイワシ

スズキ目アジ科・・・マアジ

ズズキ目サバ科・・・ボマサバ・マサバ

ダツ目サンマ科・・・秋刀魚

青魚の特徴

・赤身、ヒスチジンなど多い

・脂質はドコサヘキサエン酸dhaやエイコサペンタエン酸epaなど不飽和脂肪酸比率が高く

血中悪玉コレステロールを減少させます

・鮮度劣化が早い・・・酸敗しやすいので油焼け・品質劣化を起こしやすい

青魚類の種類&各々含んでいる各種栄養成分など概要

一般的に、いわゆる「青魚(あおさかな)」とは食用魚類の事を表す意味での言葉であり、それらのうちとくに、いわし類・サバ類・サンマ類・アジ類などのような、背中部分の青い魚の総称を表す場合が多い傾向があります。別名、青物や青背の魚などという呼称などもあります。このような、青魚についての呼び名のあり方といったようなものがありますが、では、これらがそれぞれ食用魚の種類に属するものとして、人体面においてのどのような栄養価を有したりしているのか、今からこの事について、幾らか触れたりしてみます。

まずはいわし類についてですが、これはニシン科やカタクチイワシ科などに属する魚類であり、我が国日本においては、主に食用や飼料、肥料などに多く用いられたりする場合が少なくはありません。そして、栄養価としては、カルシウム・リン・カリウム・ナトリウム・タンパク質などを多く含んだ栄養成分組成という、大変高い傾向がある仕様になっています。

次はサバ類についてですが、我が国近海ではマサバ・ゴマサバ・グルクマ・ニジョウサバの各4種類がとくに、多いような傾向があります。そしてとくに食材として一般家庭内や飲食店の店頭などにも多く用いられるような傾向があり、サンマなどとともに、我が国の食生活面においての象徴と言える存在でもあります。栄養価としては、中でもタンパク質と脂肪酸の成分組成に関しての割合といったものが大変高く、これらは人体面においても体内必要栄養成分という存在としても、大変貴重なものですので、この事からも、この青魚類が我が国内の家庭を代表する食材であるかが、ようく理解が出来るような感じがします。

3つ目はサンマ類ですが、これも今話したサバ類と同じく、我が国内の一般家庭の食卓を代表をする食材の1つといえるものであり、とくに秋の季節を代表する味覚を有した食用魚の一種といえます。主に、東北地方の三陸沖や北海道沿岸部の北太平洋周辺に広い範囲で生息をしている青魚といえますので、その水揚げ量なども世界一といえます。そこで気になる栄養価についてですが、脂肪とタンパク質との割合が非常に高く、この点がやはり、秋の味覚ならではのあり方の秘密といえるところかもしれません。

そして4つ目はアジ類になりますが、この青魚はアジ科全般に含まれ得る魚類全般の総称を指す意味があり、特定のアジ類に関しての名前とかではない点が特徴的であるといえます。我が国だけではなく、世界中の熱帯や温帯などの気候の地域で食用として水揚げをされており、古来より食材として利用をされてきたような長い歴史もある食用魚の一種でもあります。栄養成分は、脂肪・タンパク質・ビタミン類などの比率が大変高く、そうし
た栄養価の高さの面においても、やはり一目置かれたりするような青魚の類としての存在意義も大きいような感じがあります。

大体大まかに分けてみると、以上のような青魚類の分別のあり方になるような感じになりますが、いずれもの青魚類全般、中々栄養価の高いものばかりですので、そういった点で食材としての価値が、大変高い存在である事には間違いがありません。そして、これらの青魚類の大まかな種別のやり方についても、これらの青魚類の比率があくまでも高い傾向があり、このため、こうした分類をしているというのがその理由になりますが、それでも全般的にも食材としての評価が、何れのものも大変高い傾向がありますので、そうした点も、決して無視出来るようなところとはいえません。

そうはいっても、近年に頻繁に太平洋上で起きたりするエルニーニョ現象の具合などにより、水揚げ量などが大きく左右をされたりするような場合とかも少なくはありませんので、これらの青魚類が、どれほどの今後における漁獲高のある水揚げなどがなされていくか、正直気になるところといえます。

青魚の種類と特徴とおすすめの食べ方

青魚と呼ばれる魚は一般的に三種類⇒鯖、鯵、鰯の三種類です。
青魚はDHAが多く含まれており、食べると血液サラサラ効果を期待する事が出来ます。
青魚の種類の鰯は、漢字通りとても弱くすぐ死んでしまいます。
鰯の中でもウルメイワシやマイワシなど群れを作って行動しています。
鰯の食事は顎を外し、泳ぎながら餌を捕食します。
鰯と名前が作くカタクチイワシはボラ科の魚です。
釣りをするときは、サビキというコマセと呼ばれる小さなエビを入れた袋を上下に動かす釣り方がベターで一回仕掛けを投入すると何匹も針にかかってくる事があります。
マイワシでも全長25センチくらいで、焼き魚や煮魚、甘露煮など様々な料理で食べる事が出来ます。
大きい青魚といえば鯖です。
鯖の特徴は側面にあるマダラ模様です。
マサバやゴマサバなどの種類があり、大きいので全長50センチを超えるものもいます。
釣り人には強烈な引きを味わう事が出来るので人気の魚です。
脂が乗り、干物や刺身、焼き魚や味噌煮などが有名です。
食卓に並ぶ一般的な魚といえば鯵です。
鯵はスーパーでは見かけない日がないくらい有名で、何と言っても鯵の特徴はゼイゴと呼ばれる尾びれの手前にある硬い鱗があります。
料理の時もある程度の大きさの鯵であれば、食べた時に口に残るので、捌く前にゼイゴは取ります。
漁師の飯の鯵を味噌で絡めたなめろうや焼き魚、刺身、タタキなど食べ方は色々あります。
この3匹の特徴として釣りでは有名な話ですが、針に掛かると横に走ります。
他の魚はその場で暴れたり、根魚であれば岩陰に入ろうとするので他の魚とは明らかに異なる動きをします。
横に動く事で、より強烈な引きを楽しめることから釣りでも人気の魚種です。
その他に忘れていけないのが秋の味覚である秋刀魚です。
秋刀魚のイメージは七輪で塩焼きにして大根おろしと一緒に食べるなど塩焼きのイメージが強いですが、刺身や甘露煮など食べ方は色々あります。
秋刀魚は基本釣る事が出来ないので、漁で獲ります。
秋刀魚と聞くだけで食欲が出てくる秋の人気の魚です。
他に青魚なのかと疑ってしまう程の大人気の魚、マグロも青魚です。
マグロは知らない人がいないであろう魚で刺身などで食す事が出来ます。
部位によって値段や脂の乗り方も異なります。
マグロのカマ焼きなどは、見た目のインパクトが強く食べ応え十分です。
全体に火を通さなければいけないので火加減がとても難しいのがネックです。
他には、サーベルフィッシュと呼ばれる太刀魚も青魚です。
太刀魚は、その名の通り立ったまま泳ぎます。
夏場は釣りのターゲットとして有名で、釣船も多く出ています。
脂が乗っている為、表面を軽く炙った炙り刺身は、絶品でよくお酒に合います。
ヒラマサとブリも青魚です。
お互い似ていますが、黄色い縦帯で見分けをつける事ができます。
ヒラマサは夏場の方が美味しいとされて、刺身などで頂く事ができます。
ブリの場合、冬に取れるブリは寒ブリと呼ばれ非常に美味な魚です。
出世魚で有名で、成長するにつれて名前が変わり、地方によっても名前の呼び名が異なります。
鰯より小さい青魚というと、10センチほどのキビナゴという魚がいます。
群れで行動し、釣りの餌として大物を狙う時に使われる事が多いです。
居酒屋でもキビナゴの唐揚げなど楽しむ事ができます。
青魚でオシャレといったら、トビウオだと思います。
水面を飛び回る姿は圧巻です。
その名の通り飛び回り、鹿児島や沖縄周辺では実際に飛んでいる姿などを見る事が出来るそうです。
青魚の定義とは一体なんなのかと考えた時に表面が光沢があり光っている魚を青魚と呼んでいます。
サワラやニシンなど多くの青魚が存在しています。

美味しく食べて美容健康に!イワシやサンマ青魚効果って!

日頃から人体に有効な効果が有ると注目されている青魚ですが、青魚に分類されるのはマグロやサンマ等海の魚です。
その為ほぼ海の漁業によって獲られており背中に青い模様が入っているのが特徴です。
この模様は海水の反射を利用して、敵から身を守る為の役割をしていると言われています。
そんなマグロやサンマにはDHA・EPAと言うとても身体に良い成分が含まれています。
これらはオメガ3脂肪酸とも呼ばれており、様々な健康効果をもたらしてくれます。
人体ではDHAやEPAは脳や目、中枢神経などに多く含まれまる為、摂取することで脳や目が良くなると言われています。
実際にDHAを摂取したところ、脳血管が拡張され脳の働きが良くなったり、成長を促進する効果があったそうです。
その他にも美容や健康の助けになってくれます。
EPAは小腸から体内に入り、吸収される事で、脂質の生成を緩和して中性脂肪を減らします。
脂質が減る事で体内の血液もサラサラになっていくので血行が良くなり、動脈硬化の予防・改善等様々な場面での健康効果をもたらします。
更にDHAとEPAにはどちらにも抗アレルギー作用が含まれています。
炎症の原因となる物質である「プロスタグランジン」の生成を抑制する効果を持ち合わせており、花粉症やアトピー、ぜんそく等国民的なアレルギーを軽減してくれます。
注意したいのが、日常的に摂取する事によってアレルギーそのものを軽減しますが、完全に無くす効果は無いという点です。
肌内では免疫細胞と呼ばれるものが暴れる事によりアレルギーや肌荒れが起こりやすくなったり、ターンオーバーと呼ばれる細胞一定周期毎に新しくする代謝のような作用があります。
目安としては年齢が若いうちは30日前後で行われますが、30代、40代になるにつれターンオーバーの周期も50日、60日と鈍くなっていく傾向があります。
このターンオーバーの乱れによって肌荒れやカサカサ肌等が出来やすくなります。
DHA・EPAを摂取する事によりエラスチンやコラーゲン等、肌のハリや潤いを保つ成分が潤滑に肌へ運ばれるようになる為、とても効果的と言われています。
他にも油の生成を抑制する成分により、脂っこいものを食べた時に出やすくなるニキビや吹き出物を抑制する効果があります。
DHA・EPAを継続して摂取する事によりニキビや吹き出物が出づらい体質を作る事も可能と言われていたり、血行が良くなるため、ふくらはぎ等のリンパの流れが改善され、長時間動かしてない時になりがちな足のむくみも改善してくれたりと、美容に関しても高い効果がある事が分かっており、青魚と深い繋がりがある事が分かります。
1日の摂取量の目安が1,000mgであるとされているDHA・EPAですが、青魚には本まぐろ2,877mg、まだい1,830mg、サンマ1,398mgと理想的な数値を含んでいる事が分かります。
但しこれは加食部分とされている部位を残さず食べた時にでる数値であり、熱を通す等して調理を含んだ場合有含量は下がってしまいます。
個体差もある為1日に1匹サンマ等を食べれば必ず摂取できるものではありませんし、マグロを1日1匹丸ごと食すのは非現実的です。
更に部位ごとにも有含量に違いがあり、赤身等よりも油の多く含んだトロ、可能ならばカシラ部分を食べるのが効果的です。
更に、加熱調理をすると有含量が減ってしまうので、可能であれば刺身にして食べた方が効果的でしょう。
青魚には他にもヒスジチンと言われる食欲を抑制する効果を持った成分も含まれています。
食べ物が美味しくなる季節に青魚を一緒に食べる事で自然と食べすぎを防ぐ事ができ、上手く摂取すればダイエット効果も期待できるでしょう。
ビタミンB12と言われる、魚介類でしか摂取できない貴重なビタミンの同時接種も可能な青魚を、おかずの1品に加えてみるのも良いかもしれませんね・・・

イワシやサンマ青魚効果

美味しく食べて美容健康に。イワシやサンマ青魚効果
人体に有効な効果が有ると注目されている青魚ですが、青魚に分類されるのはマグロやサンマ等海の魚です。
その為ほぼ海の漁業によって獲られており背中に青い模様が入っているのが特徴です。
この模様は海水の反射を利用して、敵から身を守る為の役割をしていると言われています。
そんなマグロやサンマにはDHA・EPAと言うとても身体に良い成分が含まれています。
これらはオメガ3脂肪酸とも呼ばれており、様々な健康効果をもたらしてくれます。
人体ではDHAやEPAは脳や目、中枢神経などに多く含まれまる為、摂取することで脳や目が良くなると言われています。
実際にDHAを摂取したところ、脳血管が拡張され脳の働きが良くなったり、成長を促進する効果があったそうです。
その他にも美容や健康の助けになってくれます。
EPAは小腸から体内に入り、吸収される事で、脂質の生成を緩和して中性脂肪を減らします。
脂質が減る事で体内の血液もサラサラになっていくので血行が良くなり、動脈硬化の予防・改善等様々な場面での健康効果をもたらします。
更にDHAとEPAにはどちらにも抗アレルギー作用が含まれています。
炎症の原因となる物質である「プロスタグランジン」の生成を抑制する効果を持ち合わせており、花粉症やアトピー、ぜんそく等国民的なアレルギーを軽減してくれます。
注意したいのが、日常的に摂取する事によってアレルギーそのものを軽減しますが、完全に無くす効果は無いという点です。
肌内では免疫細胞と呼ばれるものが暴れる事によりアレルギーや肌荒れが起こりやすくなったり、ターンオーバーと呼ばれる細胞一定周期毎に新しくする代謝のような作用があります。
目安としては年齢が若いうちは30日前後で行われますが、30代、40代になるにつれターンオーバーの周期も50日、60日と鈍くなっていく傾向があります。
このターンオーバーの乱れによって肌荒れやカサカサ肌等が出来やすくなります。
DHA・EPAを摂取する事によりエラスチンやコラーゲン等、肌のハリや潤いを保つ成分が潤滑に肌へ運ばれるようになる為、とても効果的と言われています。
他にも油の生成を抑制する成分により、脂っこいものを食べた時に出やすくなるニキビや吹き出物を抑制する効果があります。
DHA・EPAを継続して摂取する事によりニキビや吹き出物が出づらい体質を作る事も可能と言われていたり、血行が良くなるため、ふくらはぎ等のリンパの流れが改善され、長時間動かしてない時になりがちな足のむくみも改善してくれたりと、美容に関しても高い効果がある事が分かっており、青魚と深い繋がりがある事が分かります。
1日の摂取量の目安が1,000mgであるとされているDHA・EPAですが、青魚には本まぐろ2,877mg、まだい1,830mg、サンマ1,398mgと理想的な数値を含んでいる事が分かります。
但しこれは加食部分とされている部位を残さず食べた時にでる数値であり、熱を通す等して調理を含んだ場合有含量は下がってしまいます。
個体差もある為1日に1匹サンマ等を食べれば必ず摂取できるものではありませんし、マグロを1日1匹丸ごと食すのは非現実的です。
更に部位ごとにも有含量に違いがあり、赤身等よりも油の多く含んだトロ、可能ならばカシラ部分を食べるのが効果的です。
更に、加熱調理をすると有含量が減ってしまうので、可能であれば刺身にして食べた方が効果的でしょう。
青魚には他にもヒスジチンと言われる食欲を抑制する効果を持った成分も含まれています。
食べ物が美味しくなる季節に青魚を一緒に食べる事で自然と食べすぎを防ぐ事ができ、上手く摂取すればダイエット効果も期待できるでしょう。
ビタミンB12と言われる、魚介類でしか摂取できない貴重なビタミンの同時接種も可能な青魚を、おかずの1品に加えてみましょう!

血液サラサラ

青魚サプリを摂取して血液サラサラになろう
血液がドロドロでは血圧が下がることはありませんね
血糖値が上がると血圧が高くなりt号尿病の危険も増加します

青魚で健康EPAを摂取して血液をサラサラにすれば健康体に少しでも近づけます

脂肪の多い焼肉や動物性たんぱく質 ばかり取っていると
脂が肝臓に溜まり肝硬変の恐れもあるのです

でも今はグルメの時代
会社の飲み会も焼き肉やしゃぶしゃぶなど高脂肪のグルメメニューが大半の昨今

血液をサラサラにして血糖値を正常に保つのは容易ではありませんね・・・

だからポイントは血圧を上げない生活週間が大切なのです

高脂血糖は生活習慣病なのです
食生活を改める必要があります

西洋化された肉食中心の食生活から日本人に最適な食物繊維の豊富な野菜料理や大豆たんぱくを摂取するように心がけましょ