小さなお子さんからお年を召した方まで、みんなに必要なDHA、 EPA
HAとはドコサヘキサエン酸の略称です。EPAはエイコサタペンタエン酸の略称です。
この二つは、人の体の健康に欠かせない必須脂肪酸です。

必須脂肪酸の脂肪酸ってなんでしょうか?
資質を作っている成分で、脂肪酸は常温で固まりにくい不飽和脂肪酸と、固まりやすい飽和脂肪酸に分類されます。
不飽和脂肪酸の中で、体で作ることができないため外から摂取する必要があるのが必須脂肪酸と言われています。
DHAは脳の4〜5%の割合で体内に存在します。また、脳の中でも記憶や学習能力時に働くとされている海馬と呼ばれるとこには他のところの2倍以上DHAがあると言われているそうです。
油ののったイワシや鯖などに豊富に含まれ、週に3回程度食べると良いと言われています。
毎日食べなければいけないと思っていたので、ホッとしました。

DHA、EPAはよく似てた働きをします。
どちらも、コレステロール、中性脂肪を低下させる働きがあります。
大きな違いは、DHAは脳の構成成分で、脳が必要とする栄養素なのです。
EPAは脳の入り口の血液脳関門を通過することができないのです。
EPAは血液を健康にする働きが大変優れているのですが、DHAは血液を健康にする働きを完全に補える効果は持っていないそうです。
EPAとDHAはお互いに補いながら脳の中の血管を健康に保っているということです。

EPAは体の中で作ることはできません。なので食事から摂取するしかないのです。EPAが豊富に含まれれるのは、青魚が有名ですね。植物性、動物性の油にはほどんど入っていません。
なので、青魚を日常的に食べる習慣のない方は、意識して摂取したい成分です。またそのまま食べても体内で酸化してしまう弱点があるので、酸化を抑える抗酸化作用のある栄養素と一緒に摂取することがポイントとなります。

EPA、DHAの効果で健康に!元気になろう!

日本人の食生活は戦後、欧米化により、今まで魚中心だった食生活が肉食に変わりました。そのためコレステロール値が高くなりました。それは、オメガ6系の油を多く摂取する機会が増えたのが原因とされています。

日本人が本来食べていた食生活にすることで、様々な効果があるとされています。

EPA、DHAは、血液中の脂質濃度を下げて、悪玉コレステロールを下げ、また、中性脂肪を下げる効果があると言われています。

そして、女性に嬉しい乾燥肌や便秘解消の効果があるとも言われています。
女性はダイエット目的で脂質を減らしている人も、まだまだ多いと思いますが、脂質が不足すると、乾燥肌や便秘をひきおこすのです。

最後に、脳の活性にEPA、DHAは効果があると言われていますね。
成長期のお子さんや、老年期を迎えた方にも必要な栄養素です。しっかりとって若々しい脳を保ちたいものです。

このようにEPA、DHAは非常に優れた栄養素です。普段食事で摂れない方はサプリメントなどで補いながら
意識的に摂取して、体も脳も、そして心も元気ですごしましょう。