有機化合物のα-リノレン酸(C18H30O2)は脂肪酸で、ω-3脂肪酸に分類されます。
α-リノレン酸は人の体内で合成できない必須脂肪酸つまり油成分です。
体内に摂取されるとDHAやEPAに変換され、体にとって有益な効果をもたらしてくれる大切な成分です。
オメガ3(n-3系脂肪酸)に分類される多価不飽和脂肪酸であるα-リノレン酸は、DHA EPAと同分類です
つまり青魚のDHA EPAと同じα-リノレン酸は酸化しやすい性質を持っています。
このα-リノレン酸の望ましい1日当たりの摂取量は2gとされています。