オメガ3脂肪酸不飽和脂肪酸です。

オメガ3脂肪酸は体内環境で血管やきれいな血液を作ります

世界保健機関WHOや米国食品医薬局FDA・米国心臓協会AHAなどの公共機関が承認や推奨しているオメガ3脂肪酸はGRSつまり
Generally Recognized As Safeにも掲載されているほどです。

もちろん日本でも厚生労働省が1日1g以上の摂取がEPA・DHA
摂取目標が望ましいとしているのです。

オメガ3脂肪酸が沢山含まれている食品は

イワシ(鰯)・サバ(鯖)・さんま(秋刀魚)・アジ(鯵)などの青魚系です。

アマニ油(亜麻仁油)やクルミ(胡桃)・しそ油(紫蘇油)・大豆などもアルファリノレン酸が含まれオメガ3脂肪酸を作ります。

オメガ3脂肪酸の成分はDHAやEPA・DPAが主要成分です。

  1. DHA(ドコサヘキサエン酸)は脳や網膜のリン油脂の成分
  2. EPA(エイコサペンタエン酸)は血液サラサラ成分
  3. DPA(ドコサペンタエン酸)は血管サラサラ成分

DHA・EPAを1日1g摂取することは大変です。

うまく青魚サプリなどでうまく利用すれば簡単ですね・・・

注意するべきはオメガ3脂肪酸は酸化しすいことです。

料理中に流れ出したり変質したりと摂取するのも大変です。

オメガ3の特徴と効果

オメガ3(ω-3とも表記されます)とは、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)、α-リノレン酸(ALA)などの不飽和脂肪酸に分類される栄養素です。
炭素数は18、二重結合が3つあり、人間の体内では作ることの出来ない脂肪酸(必須脂肪酸)の一種です。
DHAとEPAはサバ、サンマ、イワシ、ウナギ、ブリなどの主魚の油に多く含まれており、特に青魚が他の魚と比較してもダントツの含有量を誇ります。
頭や骨、肉の部分に特に多く含まれていますが。皮や内臓部分にも多く含まれていますので、残さずにいただきましょう。
魚のDHAとEPAは加熱に弱い・水に溶けやすいなどの特徴がありますので、お刺身で食べる、ホイル焼きにして栄養が逃げないよう にする、煮魚であれば煮汁もいただく、などの栄養成分を逃がさない工夫が必要です。
意外にも、魚の缶詰は魚が骨ごと食べられるため手軽にDHAとEPAを摂取するのに便利です。
α-リノレン酸は、エゴマ油、大豆油、亜麻仁油などの植物油、栗、くるみなどに多く含まれています。
日本人には、DHAとEPAは2つ合わせて0.5%(約1g)、α-リノレン酸は1日の摂取カロリーの0.5ー1%(約1-1.5g)程度の摂取が望ましいとされています。

オメガ3を摂取した時に得られる効果としては次のようなものがあります。
①コレステロール・中性脂肪を正常化
オメガ3には善玉コレステロールを活性化させ、中性脂肪を低下させる効果があるため、脂質異常症(コレステロールや中性脂肪の値が異常に高いこと)の予防にもなります。
②血液サラサラ効果
血液の巡りを良くする効果、赤血球や毛細血管を柔らかく、しなやかにする効果、血栓を溶かす効果により、心筋梗塞や狭心症などの心臓病、脳梗塞や脳溢血などの脳の病気を予防します。
さらに血流がアップすることで、肌に栄養成分が届きやすくなるため、美肌効果も高まります。
③炎症の抑制・ガン予防
オメガ3が代謝されることで、炎症抑制物質プロスタグランジン3という物質の原材料となります。
これにより、老化防止効果(老化は細胞の炎症や酸化で引き起こされます)やガン予防(プロスタグランジン3がガン細胞を抑制するため)効果が期待できます。
④眼病予防・免疫力アップ
オメガ3は、目の網膜や強い粘膜細胞を作る材料となるため。
⑤脳機能の活性化
オメガ3は脳機能をアップさせ、情報処理能力・学習能力・認知力・記憶力などが高める効果があります。
アルツハイマー患者に6か月間、オメガ3を摂取してもらったところ、症状に改善が見られたという実験データがあります。
⑥ダイエット効果
オメガ3を摂取すると脂肪が燃焼しやすくなる効果があります。

オメガ3脂肪酸のこと詳しくわかりますか?

不飽和脂肪酸であるオメガ9脂肪酸(オリーブオイル・アーモンドなど)・オメガ6脂肪酸(サラダ油・コーン油・ゴマ油)・オメガ3脂肪酸(青魚・アマニ油)は、体内で合成できない、日々摂取し続けなければならない脂肪酸です。
DHA・EPA・DPA・αリノレン酸を総称して、オメガ3脂肪酸と呼びます。
えごま油・アマニ油・シソ油などの食用油以外にも、青魚・チアシード・クルミ・緑黄色野菜・豆などの食品から摂取できます。これらの食品は、とくにオメガ3脂肪酸の含有量が多い食品とされています。
とくに、えごま油は小さじ1で一日の摂取量をクリアできるほど、多く含まれています。しかし、えごま油は酸化に弱く、加熱に弱いのが特徴です。保存や調理方法に気を付けなければいけません。
オメガ3脂肪酸には、血中の脂質濃度(悪玉コレステロール・中性脂肪)を下げる効果があると言われています。
そのため、動脈硬化・心筋梗塞・高血圧・脂肪肝・脂質異常症・メタボリックシンドローム・大腸がん・加齢黄斑変性・認知症などの予防に効果があります。それだけではなく、ダイエット・美肌・便秘解消・痛みや炎症を抑える・アレルギー症状の緩和・うつ病のリスクを軽減・イライラを抑制してくれます。
オメガ3脂肪酸と呼ばれる、DHA・EPA・DPA・αリノレン酸を細かく説明します。
・DHAは脳や神経細胞の発達・機能の維持に欠かせない成分です。EPAと混同されがちですが、EPAには、脳血液関門を通り抜けることができないため、DHAが不足すると、脳内の情報伝達がスムーズにいかなくなるため、学習能力や視力の低下をまねきます。
・EPAは血小板凝集抑制効果がDHAより高いです。
血小板凝集がおこると、血液がドロドロになり、血栓などの原因になります。
また、ガンを抑制する成分を生成し、ガン治療でうけた炎症などのダメージの軽減にも役立ちます。
・DPAは、血管を修復する効果があり、動脈硬化の予防に優れています。
EPAの10倍の効果が期待できます。
ですが、魚にはあまり含まれておらず、アザラシ・クジラ・マンボウの肝油に多く含まれています。
サケ・イワシ・サバ・クロマグロ・サンマなどにも含まれていますが、少量になります。
・αリノレン酸は、体内でDHA・EPAに変換されます。
DHAの脳への働き、EPAの血管への働き、両方を兼ね備えています。
ですが、非常に酸化しやすい特徴をもっており、はやめに使い切る必要があったり、加熱調理には向かないので、ドレッシングやマリネとして調理します。

オメガ3はアトピーに効果があるって本当?

オメガ3は私たちの身体にとって大切な必須脂肪酸です。
このオメガ3は、体内の中に取り込まれると、様々な良い影響をもたらしてくれるのですが、その一つにアトピーの改善に効果があるといいます。
必須脂肪酸とアトピーはどのような関連があるのでしょうか?
アトピーとはアトピー性皮膚炎のことで、乳幼児で発症することも多い皮膚の変化です。
成長するとともに肌は強くなりますし、肌への刺激を避けることが出来るように、自分で管理もできるようになります。そのために子供の時にアトピーがひどくても、段々改善していくこともあります。
反対に大人になるとストレスや環境の変化でよりひどくなる人もいて、とても不安定な皮膚の病気なのです。
アトピーになると病院にいって治療薬をもらうこともあります。
しかし改善させるには、長期間内服をする必要もありますし、症状を抑えることは目的であり、根本の原因に対処する方法ではないのですね。
そうなるとアトピーは自分自身で管理をしていくしかないということがわかります。
自分自身で管理することのひとつが食事療法です。
アトピーの人は添加物を取りすぎない、また酸化した油を摂取しない、またなるべくオーガニックなものを食べるなど注意をしています。
そんな中に取り入れたいものの1つがオメガ3なのです。
私たちの食生活では食べる物によって、細胞に蓄積する物や細胞を傷つける物があります。
その細胞が傷つけられるという状態が、アトピーを引き起こすこともあるのです。
しかしオメガ3には、傷ついた細胞を修復してくれる作用があるのです。
そしてオメガ3を摂取して細胞を修復させることで、アトピーを改善傾向に向かわせることが出来るのです。
もう一つオメガ3を摂取すると便秘が解消される効果があるといいます。
腸の動きをよくし、便をスムーズに動かしてくれるので便秘を解消することが出来るのですが、そもそも便秘がある時って、有害なガスが発生したり、腸内環境がいいとはいえません。
しかしながら便秘が解消されると、余分な老廃物が腸にない状態なので、腸内環境が整っていくのです。
腸内環境が整うと、腸内細菌の中でも悪玉菌が減り、善玉菌が増えていきます。
善玉菌は、免疫に関係する働きをしているので、アトピーの改善にも大きな効果を発揮してくれるようになるのです。
オメガ3は意識的に摂取しなければ、なかなかとることが出来ないものです。
体に、特にアトピー軽減にも良いので、是非摂取していくと良いですね。