きなりDHA&EPAは厚生労働省が摂取進めるDHA・EPAです。

厚生労働省は1日1000mgの摂取を推奨している身体にとって必要で不可欠な成分なのです。

どうしても現代の食生活の変化によりDHA・EPAが不足するのです。

日本人の魚中心の食生活から肉食の食慣習への変化によりDHA&EPA

の必要摂取量が不足状態になってきているのです。

脳に入ることができる数少ない貴重な成分なのです。
sakanakusasa

きなり

  • DHA・EPAが500mg配合されています。
  • さらにクリルオイル配合(抗酸化成分アスタキサンチン配合)
  • ナットウキナーゼ配合
  • それで魚臭さゼロ

このDHA・EPAの特徴は壊れやすく酸化し易い成分なのです

DHA・EPAの特徴で弱点である酸化に弱い性質を

クリルオイルのアスタキサンチンがDHA・EPAの酸化を阻止してくれます

ビタミンEも酸化を防ぎますが、アスタキサンチンの酸化阻止力はビタミンEの1000倍もの強力な酸化を防げる力を持っているのです。

またこのクリルオイルに含まれ脂質型になったDHA・EPAは、水と混ざりやすい体内に吸収されやすいのです。他のDHA・EPAにも乳化剤的役割をになうのです。

ぜんぜん魚臭くない!

他に知らないくらい飲みやすいDHA・EPAですね!

こんな意見や口コミが多いのがきなりの特徴です・・・

若々しさの秘訣は、魚不足を臭わないきなりでクリアできるから・・・

ナットウキナーゼ

DHA・EPA納豆のサラサラパワーがきなりの底力です!

日本食で有名な納豆のネバネバ成分からサラサラ酵素が発見されています

その名はナットウキナーゼです。

ナットウキナーゼは血栓を溶解する作用のある成分です。

つまりナットウキナーゼは血液中にある血栓を溶かす効果があることで知られているのです。

実際世界中から注目されている日本のネバネバ成分の酵素!

納豆に含まれるナットウキナーゼが注目のサラサラ成分の酵素が中高年の穏やかな流れを助けます。

人間生命に欠かせないDHA・EPAとナットウキナーゼで気になる流れもサラサラ習慣にしたいものですね!
kou1
DHA・EPAとナットウキナーゼのコンビは抗酸化力のポイントでもあるんですね・・・

問題は現代日本人の魚離れにあるのですよ!

基本はココ⇒魚を食べなくなってオメガ3が不足しているのです。

オメガ3不足は、高血圧や動脈硬化、怖い血栓だけでなく、

アレルギーから視覚や記憶機能などに関連してきます。

これらの病気予防に、健康維持管理に必要なため

厚生労働省は

多価不飽和脂肪酸の一つであるオメガ3脂肪酸(オメガ3)を1日1g(1,000㎎)の摂取を推奨しているのです。

特に青魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸は、

イワシやサバ・かつお・マグロなどに多く含まれています。

青魚から摂取出来るオメガ3脂肪酸は、血圧やコレステロールを下げ血流の流れを良くします。

さらにDHA(ドコサヘキサエン酸)は、脳の働きを活発化させるので、認知症の予防効果も指摘されています。

他方、EPA(エイコサペンタエン酸)は、動脈硬化を予防します。

オメガ3という脂

オメガ3は脂肪酸です。

脂肪酸は、三種類あります

  • 飽和脂肪酸
  • 一価不飽和脂肪酸
  • 多価不飽和脂肪酸⇒オメガ3

オメガ3には、以下の種類などに分けられます。

  • DHA(ドコサヘキサエン酸)
  • EPA(エイコサペンタエン酸)
  • DPA(ドコサペンタエン酸)
  • α-リノレン酸

これらの脂肪酸は体内で作れない必須脂肪酸です。

オメガ3は、動脈硬化やガンの原因である過酸化脂質の予防効果が認められており、健康維持には不可欠な脂肪酸なのです。

青魚のDHA・EPAは、国際的に世界保健機構WHOや

米国食品医薬局(アメリカのFDA)までもが摂取を推奨しているのです。

我が国に日本においても、厚生労働省が18歳以上のすべての日本人に対し、

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)を毎日1000mg以上の摂取を日本国民の健康維持や増進を目的として推奨しているのです。

kinari7001250