注目を集めている「オメガ3脂肪酸」

「オメガ3脂肪酸」とは、DHAやEPA、α-リノレン酸などの脂肪酸を大きくまとめた名称。
いずれの脂肪酸も人間の体に良い影響を与えるとされており、近年ではたいへんな人気を得ている成分です。
「ω(オメガ)3」と表記されることもあります。
これらは意識して摂取することをすすめられている必須脂肪酸。
体にとって非常に頼もしい成分でありながらも体内では作り出すことのできないものですから、毎日のお食事で無理なく取り入れることが健康への近道といえます。

オメガ3はどんな食べ物に含まれているのでしょうか。
代表的なものには「魚」や「えごま」、「亜麻仁」があり、いずれの食材もオメガ3はその油分のなかに存在しています。

血液を健康な状態にするとされるDHA、EPAは、お魚の脂に多く含まれているもの。とくに「青魚」に分類される魚類に多くみられ、マグロやブリ、サンマやイワシなどがそれにあたります。
油分に含まれている成分ですから、お魚を選ぶ際には脂が乗っているものを見つけるようにしましょう。

a- リノレン酸は「えごま油」、「亜麻仁油」などに多く含まれている成分。
えごまはシソ科の植物で、ポリフェノールも合わせて摂取することができるのでおすすめです。
亜麻仁はスーパーフード(フラックスシード)としても注目の食材で、種の部分になります。
これらの食材から抽出した良質な油を利用することで、効率よくオメガ3を摂取できるのはうれしいですよね。
そして実はこのa-リノレン酸、体内で分解されることで先に紹介したDHAやEPAに変換される成分ですので、これもまた血液を良好な状態へと改善する効果が期待できます。

では、健康のために取り入れたいオメガ3の一日の摂取量はどれくらいなのでしょうか。
厚生労働省が推奨するのは一日1g(1000mg)です。
イワシでいうなら、ちょうど2尾程度を目安としてください。
植物の油・えごま油や亜麻仁油は小さじ1杯程度です。
そして注意したいのは過剰摂取。いくら健康によいとはいえ、なにものも摂り過ぎていいものはありません。オメガ3も例外ではなく、上記に挙げたような食材からの摂取ではない、サプリメントなどを利用したときには1gを越えないように配分してください。

オメガ3脂肪酸を正しく取り入れ、健やかな毎日をお過ごしください。

オメガ3

オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸です。 オメガ3脂肪酸は体内環境で血管やきれいな血液を作ります 世界保健機関WHO・・・

DHA・EPAを摂る

DHA・EPAのサラサラ成分をキッチリと摂取しましょう! サラサラ成分は、青魚のDHA・EPAです。 DHA・・・・

ページの先頭へ