ガッテンえごま油スプーン1杯カラダ激変dhaepa効果オメガ3?

dha サプリ

dhaが健康長寿に注目されています!

いつまでも若々しく健康でありたいと願う方にdha epa サプリ

大正DHA・EPA

ためしてガッテンの影響でえごま油が爆売れ!スプーン1杯でカラダが激変dhaepa効果?
ガッテン影響えごま油スプーン1杯でカラダが激変dhaepa効果が凄いってホント?
ガッテンで放映されたオメガ3系脂肪酸の凄すぎる効果と1日の摂取量(DHA EPA)はごま油スプーン1杯で体が激変するほどのdhaepa効果あるという噂が流出!

本当なのか?凄い話題が nhk TVで放映されたのだ!
2018年11月21日(水)午後7時30分~のためしてガッテンの影響って日本全国のスーパーの棚からえごま油が消えた!

ためしてガッテンえごま油

  • 油を取るべき日本人のアブラについて
  • オメガ6とオメガ3のバランスと働き
  • オメガ3のアブラを摂取するその方法は?

ガッテンえごま油のポイントこの3つだとか?

私たちの身の回りには、さまざまな種類のアブラが存在しますが、その中で、いま日本人が一番とるべきアブラがあります。
それは魚油や、えごま油など「オメガ3脂肪酸」と呼ばれるグループのアブラ。
かつて日本人は魚でオメガ3を十分にとっていました。
しかし近年は、食の欧米化もあって摂取量が減少。
実はそのことが、心筋梗塞などの病気のリスクにつながることが、さまざまな研究から分かってきたのです。
でも毎日のように魚を食べるのはなかなか大変。
そこで番組でおすすめしたのは、オメガ3系のアブラである「えごま油」や「アマニ油」などを1日スプーン1杯、毎日の食事に取り入れるという方法。
するとアブラの摂取バランスがよくなり、私たちの体にさまざまな健康効果を与えてくれると注目されているんです。

つまり、私たち日本人にとって一番必要な油がオメガ3脂肪酸と言われる魚油や、えごま油なのです。


食文化の西欧化により青魚の摂取量も激減!
結果として心筋梗塞など病気リスクにつながるとの警鐘がなされているのですよ!

でもオメガ3系のえごま油アマニ油を僅かスプーンに一杯毎日飲むだけで…つまり食事に取り入れることにより健康効果があることに注目されているのです。

ためしてガッテンで発表のアブラの種類とは?

アブラの脂肪酸により4種類に分けると

  • バターや牛肉などが多い飽和脂肪酸
  • オリーブオイルなどが多いオメガ9脂肪酸
  • 大豆油やコーン油などが多いオメガ6脂肪酸
  • 魚の油やえごま油などが多いオメガ3脂肪酸

中でも体内で作ることができない必須脂肪酸と言われるオメガ6脂肪酸オメガ3脂肪酸が重要なのです。

近年の日本の家庭での食卓に青魚を食べる回数がめっきり減っているのが問題なのです。

西洋化された日本人の食卓には飽和脂肪酸が多すぎるのです。

飽和脂肪酸はお肉のアブラで常温で固体です。

お肉の脂肪に含まれる飽和脂肪酸の摂取基準は10%以下であり

血液中のLDLコレステロールを増やし動脈硬化を進めます。

多価不飽和脂肪酸はオメガ3(n-3)系脂肪酸でえごま油や亜麻仁油に多く含まれます。

青魚のエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)もオメガ3系列脂肪酸です。

魚を食べないから必須脂肪酸も少なく摂取する油のバランスが悪くなっているのですね・・・

魚の不飽和脂肪酸・EPAは心臓病のリスクを低減します。

アザラシのアブラが健康にいい?

アザラシの油は中性脂肪を溶かす?

カナダに棲んでいるイヌイットたちはアザラシを食し健康的に生活されているのですが、日本では容易に手に入りません。

えごま油アマニ油がおすすめ

と言う結論になる論理ですね!

ガッテンでも大注目のえごま油!

ネットで大反響のえごま油!

イヌイットの子供は血液サラサラになり過ぎて鼻蒔血が止まらないほどとか?

ここまでが、ガッテンえごま油スプーン1杯カラダ激変の紹介でした。

以上


脂肪酸について!

オメガ6とオメガ3

必須脂肪酸であるオメガ6とオメガ3

オメガ6(n-6)系脂肪酸

血液凝固
体内炎症促進

多価不飽和脂肪酸 必須脂肪酸で常温で液体です。

体内で造れない必須脂肪酸の代表がリノール酸です。

植物由来では大豆油・コーン油など

オメガ6とオメガ3の推奨バランスは2:1

日本の現状ではオメガ6のバランスが多すぎるのが問題です。

dhaepa効果

オメガ3(n-3)系脂肪酸

血液を固めにくくサラサラに
炎症を抑える
中性脂肪合成の抑制効果
代謝を上げる
光と熱に弱い

必須脂肪酸のα-リノレン酸が代表で、体内の代謝によりDHA EPA(オメガ3系列脂肪酸)になるのです。

DHAやEPAは多価不飽和脂肪酸に属するオメガ3脂肪酸です。
オメガ脂肪酸であるDHAやEPAはサプリメントでも摂取可能です。
魚油サプリはdha epaを含んでいます。

毎日の食事に海産物やオメガ3のDHA EPAを多く含む食品を摂取るることは健康的です。

えごま 亜麻に 青魚 に多くω3(n-3)系脂肪酸は含まれています。

 

オメガ9(n-9)系脂肪酸

一価不飽和脂肪酸 常温で液体

代表はオレイン酸

オリーブオイルもオメガ9系脂肪酸です。

体内でも合成されます。

べに花油・なたね油・落花生油も含まれます

飽和脂肪酸

飽和脂肪酸 酸化されにくい

常温で固体のものが多く同じ炭素数の不飽和脂肪酸より融点が高いのです。

ラウリン酸 バルイチン酸

飽和脂肪酸は、肉 牛乳 卵黄 チョコレート 油やし ココナツオイル・ラード・バターなどに多い

世界保健機関(WHO)によると多量の飽和脂肪酸の摂取は心血管疾患のリスクを高めるとされています。

by-Wikipedia

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸は心臓病のリスクを高めます。

コメント

欧米では飽和脂肪酸とトランス脂肪酸のとり過ぎに警鐘がされており、

米国食品医薬局FDAがトランス脂肪酸の使用を全面駅に禁止する方針。

日本の厚生労働省トランス脂肪酸の規制をしていない。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

飽和脂肪酸不飽和脂肪酸の違いが分かりにくいですね。

飽和脂肪酸不飽和脂肪酸のどちらも脂肪酸の種類です。

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸は、1つ以上の2重結合がある。

一価不飽和脂肪酸

一価不飽和脂肪酸

多価不飽和脂肪酸

多価不飽和脂肪酸にω6系とω3系があります。

特に重要なのがω3系【オメガ3】という訳です。

画像は国立がん研究センターより

また上記、国立がんセンターのセミナー記事には、
やはり魚を食べる必要があるとされていますの注目したいですね・・・。

エゴマの落とし穴

エゴマ油からEPA や DHA になるのはたった 10%未満です。
いくらエゴマを摂っても 9 割は DHA まで到達しないのです。
ただω -6 とω -3 のバランスから言いますと、トータルバランスですから、バランスは良いのです。
DHA、EPA の効果を出すためには やはり魚を食べなければなりません。
【国立がんセンタ記事より)

dha&epa サプリ

DHA&EPAが健康長寿に注目されています!

いつまでも若々しく健康でありたいと願う方にdha epa サプリ

大正DHA・EPA